【2021年最新版】不動産投資会社おすすめランキング!口コミ・評判も良い人気の会社を徹底比較で紹介!

不動産投資用初心者のためのアパートローンを解説

公開日:2021/03/15  最終更新日:2021/02/24

将来の資金調達や収入を得るための不動産投資。不動産投資用物件を購入する際のアパートローンですが「アパートローンってなに?」「アパートローンの審査基準や注意点を教えてほしい」と悩んでいる方は少なくありません。アパートローンをわからずに利用したくないはずです。今回は不動産投資初心者のためにアパートローンを解説していきます。

アパートローンとは

アパートローンとは自分が住む家を購入するのに利用するのではなく、投資用の不動産を購入する際に利用できるローンのことを指します。アパートローンは自分が住む物件を購入には利用できません。アパートローンの返済期間は建物の法定耐用年数や家賃収入を考慮し、金融機関が決定します。アパートローンには投資用不動産の購入資金だけでなく、融資資金を幅広い目的で利用できる特徴があります。条件さえ満たせば、リフォームにも利用したり、相続対策としても利用できます。

住宅ローンと比べて金利が高めに設定されている点も、アパートローンの特徴の一つです。住宅ローンとは異なり、アパートローンは事業用の投資物件を購入するために利用するものなので、投資物件がどのぐらい収益性があるのかを考慮して金利条件が設定されます。返済手段が住宅ローンは「本人の給与所得」なのに対し、アパートローンは「家賃収入」です。空室率が高くなったり、家賃下落などで収益が減少すれば、返済できなくなり、金融機関の貸し倒れにつながる可能性があるので、高金利で備える必要があります。

貸し倒れのリスクがあることから、アパートローンは住宅ローンに比べて審査も厳しくなります。しっかり事業として成り立つことが重要となるのですが、アパートローンの審査基準については後に解説していきます。

アパートローンの審査基準は?

アパートローンの住宅ローンと比べて融資新作が厳しく、審査基準は主に「物件の収益力」「物件の担保価値」「個人の資産状況」の3つがあります

なかでも、「物件の収益力」は最も重要な審査基準となります。アパートローン審査は借りる人の給与よりも、運用物件の収益性によって判断される傾向があります。事業として成り立つかどうかが重要なポイントで、築年・立地・需要・家賃・空室率などから、「物件の収益力」を判断します。収益性が高いと審査には通りやすく、収益性が低いと審査が難しくなります。

2つ目の審査基準である「物件の担保価値」では、その物件に担保価値があるのかどうかを判断します。これは、もしアパートローンを返済できなくなった場合、金融機関は担保物件を売却によって残債を回収するからです。そのため、融資するローン額は物件の担保評価額以内になっているのが一般的です。物件の担保価値は土地や建物自体、物件の設備、耐震基準、建物の劣化の程度などが関係してきます。

アパートローンの審査では、「個人の資産状況」も審査の基準になります。資産は「本人の給与」とは限りません。年収・勤務先・勤続年数・預金残高だけでなく、土地や建物という「資産」を持っている場合も属性がよい評価されやすくなります。

そのほかに、不動産運用の実施基の有無も審査に関係してきます。アパート経営の実績が豊富な方が、まったく行ったことのない初心者に比べて審査に有利になる可能性があります。経験豊富で、返済実績がある方であれば融資相手として信頼できるので、金利を下がる可能性もあります。過去にアパートやマンション経営をした実績があれば、実績のわかる書類などを用意しておきましょう。これらの審査基準は、どの金融機関においても共通したポイントとなります。

アパートローンを利用する際の注意点

アパートやマンションの不動産投資は高額な取引なため、アパートローンを利用して不動産投資を始める方が多いですが、アパートローンを利用する際の押さえるべき注意点もいくつかあるので解説していきます。

まずは、「しっかりとした事業計画を立てる」ことが重要です。不動産投資は事業の一つなので、事業を成功するためにしっかりとした計画を立てて、妥当性がなければ失敗してしまうかもしれません。「収益性は充分」「アパートローンの返済比率に無理はないかどうか」を確認しましょう。事業計画を立てる際は、家賃収入と運用支出の両方を考慮します。将来的に安定した収益を上げられる現実的な事業計画を立てることが重要になります。

また、「支援制度がない」ことも押さえておきましょう。住宅ローンには一定の条件を満たすと、年末ローン残高の1%が環付される「住宅ローン控除」という税制制度がありますが、アパートローンにはそういった支援制度はなく、きちんと利益を出していなければ税金が大きな負担となる場合がありますので注意しておきましょう。

さらに、「資産価値は下がっていく」ことも注意しておきたいところです。一度購入した物件は、年数が経ち、建物が古くなると同時に資産価値が下がっていきます。築年数が増えて劣化が激しくなると、借り手が少なくなり、空室率が増えてしまいます。そうなると、ローンの返済なども滞ってしまう可能性もあり、悪循環になってしまいます。そのような状態にならないように、資産価値を下げない工夫が必要になります

 

不動産投資初心者の方に向けてアパートローンを解説していきました。アパートローンとは、投資用不動産物件を購入する際に利用するローンのことで、賃貸用のアパートやマンションが融資の対象になるということです。融資されるには「物件の収益力」「物件の担保」「個人の属性」が審査のときに重要になります。そして、アパートローンは住宅ローンに比べて難易度が少し高いので、アパートローンを組む前に、しっかりと事業計画を立てるようにしましょう。

不動産投資会社ランキング

商品画像1
2
3
4
5
商品名株式会社ライブズ株式会社FJネクスト株式会社シノケングループ株式会社日商エステム株式会社ga technologies(GA テクノロジーズ)
特徴ライフプランナーとしてサポート40年以上物件を提供顧客の約半数が紹介とリピーター主要都市を中心に展開AIによる不動産投資
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧