【2021年最新版】不動産投資会社おすすめランキング!口コミ・評判も良い人気の会社を徹底比較で紹介!

不動産投資会社の保有している物件の種類と違いについて

公開日:2020/10/01  最終更新日:2020/09/28

不動産投資をして資産の形成を考える人は数多くいますが、上手に行うには不動産投資会社が保有している物件の種類や、それぞれの違いを知っておく必要があります。そこで今回、不動産投資会社が保有している物件の特徴と関連事項について、ポイントを3つご紹介します。不動産投資会社選抜で迷っている時などに参考としてみてください。

不動産投資物件の代表的な3つを把握しよう

まず、不動産投資会社が保有している物件で代表的なのは区分マンション投資用、一棟マンション投資用、そして戸建て投資用の合計3種類があります。厳密に内訳を見ると、シェアハウスや駐車場、高齢者用福祉関連などでわかれていて、区分に含まれないものも出てきますが、大きく分類すると3つです。

まず、区分マンション投資用の物件についてですが、こちらは部屋ごとに購入する物件になります。最低1室から投資をスタートできますので、資金が少なくても始められることがメリットです。不動産投資が初めての人向けであり、それぞれの会社が豊富な物件数を揃えている傾向があります。駅から直近物件もあり、うまく行けば高収入の可能性もあります。しかし空室になった場合には家賃収入がゼロになってしまうことも踏まえておかないといけません。

それに対して一棟マンション投資用の物件は、土地から建物まで丸ごと1つ購入し、賃貸にするための物件です。一棟すべて自分の所有物件ですので、経営管理や建物のメンテナンスなども自由に行える部分がとても多くなります。区分マンションよりもできることが多い分だけ、立地などでよい物件を入手できれば高収入が期待できます。しかし同時に、管理する建物が大きい分だけ多くの点で必要経費が掛かるというデメリットもあります。ただし、区分マンションの時のように急に収入ゼロになる様な空室リスクが出ることはありません。

最後に、戸建て投資用物件は、戸建てを建てて第三者に貸すための物件であり、入居者さえ決まれば定期収入が確保できます。ただ、メンテナンス代や維持費が割高であるという点には注意が必要です。

新築と中古の物件の特徴を把握しておきましょう。

すべての物件に共通となりますが、不動産投資物件で新築にすべきか中古にすべきかで悩むことは多い物です。どちらがよいのかは個人で事情も違うので一概にはいえませんが、まず中古物件の場合、安いことと引き換えに耐用年数が減っていることに注意が必要です。そのため銀行に融資を求めても、50%から70%という範囲内で、少なくなってしまうことが珍しくありません。

その分、自己資金は多く用意しておく必要がありますし、不動産仲介会社から購入した場合は手数料に3%分を見る必要があります。経費計上ができる重要な項目、減価償却費が、新築の頃からカウントされて減っていることも折込済みにしないといけません。

対して新築の方ですが、銀行からの融資は中古時とは違いの90から100%受けられることが多いです。積み立て初期の頃から、管理費や修繕積立金を運用できることも見逃せないポイントになります。

もちろん、中古物件に比べて高いということで考えるべき点は多いですがよい物件としっかりした不動産管理会社を選ぶことができれば経費計上できることも大きく、節税対策としても大きいメリットが見込めます。リフォームなどの問題を当面の間は考えないでよいというところも、中古物件に比べて大きいです。

必ずしも、こういった形にすべての物件が当てはまるとは限りませんが、全体的な傾向としてはこれらのポイントがあることを意識して物件を選ぶとよいでしょう。

ベストの不動産投資をするためのポイントを把握しておこう

不動産投資はほかのFXや株式投資と比べて、専門知識がなくとも始められるという点でメリットがあります。しかし、やはり押えておくべきポイントはありますので、始める前には不動産会社が主催する無料セミナーなどに参加して勉強することをおすすめします。会社ごとの保有物件の違いもそうですが、戸建てや区分マンションならではの、状況に応じた対処法などをわかりやすく解説してもらえるという点で大きいメリットが見込めます。

ほかにも、その会社ごとでメインとする物件に違いがある場合も多いので、スタッフの対応を含めて様子を見る機会としても見逃せません。社会人として活動している以上は勉強時間も限られますし、制度の変更などがあった場合には、本での勉強ではなくて現役で活動しているスタッフを講師としたセミナーからポイントをまとめて聞くことで話が早くなります。

そういったところを踏まえつつ、自分の中で考えが整理できた時点で目的に合った不動産投資会社に相談すれば理想的な結果にもつながってきます。顧客の資金事情や目的をしっかり聞いた上で、メリットデメリットも含めたポイントを説明し、その上でアフターフォローの話をしっかりしてくれる様な会社を選べれば申し分ありません。

あとは裏付として、その不動産会社が過去にどれだけの実績を積んでいるかをチェックできれば完璧です。会社自体に確認できない場合でも、社長やメインスタッフが過去に積んだ実績が確認できればそれも判断材料になるポイントになります。

 

不動産投資では大まかに見た場合には、区分マンションと一棟マンション、戸建てで3種類の物件を不動産投資会社は保有しています。厳密な内訳で違いも出ますし、区分に含まれない物もありますが融資の受けやすさや空室リスクなどで特徴があります。その辺りを、より正確に知って投資の本番に臨むためにも無料セミナーなどの機会を上手く使うことをおすすめします。

不動産投資会社ランキング

商品画像1
2
3
4
5
商品名株式会社ライブズ株式会社FJネクスト株式会社シノケングループ株式会社日商エステム株式会社ga technologies(GA テクノロジーズ)
特徴ライフプランナーとしてサポート40年以上物件を提供顧客の約半数が紹介とリピーター主要都市を中心に展開AIによる不動産投資
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧