【2022年最新版】不動産投資会社おすすめランキング!口コミ・評判も良い人気の会社25選を徹底比較で紹介!

不動産投資を行う際に起こりうるトラブル事例とは?防止策を考えよう!

公開日:2021/12/15  最終更新日:2021/10/11


近年、人気の投資方法として注目されている不動産投資ですが、入居者や不動産の修繕費用などで、トラブルが発生することもあります。もちろん、すべての方がトラブルに遭うというわけではありません。しかし、万が一トラブルが起こったときを想定しておくことは大切、慌てず落ち着いて対処できるように防止策などを考えておきましょう。

不動産投資を行う際に起こりうるトラブル事例

不動産に関するトラブルと聞くと、まず「入居者とのトラブル」を連想すると思います。確かに入居者とのトラブルは代表的なトラブルの一つですが、他にも事例は存在します。

入居者に関わるトラブル

不動産に関するトラブルの代表的な事例です。入居者といっても、家賃滞納や騒音、許可されていないペットの持ち込みなどトラブルもさまざまです。こういった対応は、基本的にオーナーが行うことですが、問題が長期化した場合は、家賃収入や周辺住民との関係に大きな影響を与えてしまいます。

思わぬ修繕費

水道管や排水管、その他の不動産設備が、老朽化により次々修繕する事態に陥ります。新築の場合は、さほど発生しないトラブルですが、中古物件では可能性の高いトラブルの一つです。トラブルの内容によっては、多額の修繕費が必要になるので要注意です。

不動産会社とのトラブル

購入した不動産を、不動産会社に貸した場合によるトラブルです。このように不動産会社が借り上げる仕組み(サブリース)を利用した時は、管理は不動産会社が担い、オーナーとなる不動産所有者は家賃収入を得られます。しかし、手間がかからない方法である一方で、賃料を勝手に減らす、修繕及び原状回復費用の請求などのトラブルが発生するケースも少なくありません。

不動産投資のトラブル防止策

前項のような不動産トラブルを防ぐためには、防止策を考えておく必要があります。たとえば、不動産投資を行う前に知識を身に着けておくことです。初めて不動産投資をする方のほとんどは初心者ですが、事前に学ぶ機会はいろいろあります。不動産投資に関わる書籍を購入したり、セミナーに積極的に参加することで不動産の知識は少しずつ深まります。

物件は自分で決める

また、「選ぶ」という行ために関しても気を付けましょう。物件を選ぶ、管理会社を選ぶ、不動産会社を選ぶは、不動産投資を成功させるうえで非常に大切なポイントになってきます。もちろん、正しく選ぶためには、前述した知識が必要不可欠です。正しい知識を身に着けた上で、不動産投資会社や不動産会社の意見を聞きながら選ぶことが大切になってきます。

万が一、不動産投資のトラブルに遭ってしまった場合は?

どんなに防止策を施したとしても、絶対にトラブルを防げるとは限りません。万が一、トラブルが発生した場合は、相談できる場所がいくつかあるので覚えておきましょう。

消費生活センター・NPO法人

消費生活センターは、消費庁管轄のトラブルの窓口で、各都道府県に設置されています。土日祝を閉鎖しているところもあるようですが、緊急の場合は国民生活センターなら開所しているので安心です。電話番号は「188」、この電話番号は消費者ホットラインとして開設されています。また、NPO法人でトラブルの相談をするという方法もあります。NPO法人で相談する際は、トラブル解決に長けているところを探してください。たとえば、NPO法人不動産トラブル解決センター、NPO法人全国マンション管理組合など、不動産関係のトラブル解決に長けたところが設置されています。

建物関係の協会や連合会

宅地建物取引業協会、日本マンション管理士会連合会に相談するという方法もあります。宅地建物取引業協会の場合は相談無料、電話や来所することにより相談することが可能です。相談内容としては、不動産はもちろんのこと、契約書といった書類も受け付けてくれます。また、日本マンション管理士会連合会には、マンション紛争解決センターが設置されており、修繕、積立金、管理費といったマンションに関するトラブルを受け付けています。日本全国を対象としているので、ぜひ覚えておきたいところですが、相談には料金が発生するので要注意です。

弁護士

不動産投資でトラブルが発生したときは、弁護士も対処法の一つです。法律に詳しいだけではなく、訴訟や民事調停などのトラブル対処の選択肢を持っています。訴訟とは、いわゆる裁判のこと、民事調停とは裁判より時間とお金がかからない話し合いです。いきなり、弁護士に相談するという方法もありますが、消費者センターやNPO法人、または連合や協会などに相談し、どうにもならないときの最終手段とするのも有効な防止策となります。もし、弁護士にお願いするときは、不動産案件の実績が豊富な弁護士を探しましょう。

 

せっかく、不動産投資を行うのですから、トラブルは絶対に避けたいところです。不動産探しの時点から、トラブルの種を拾わないように、注意深く不動産投資を進めていきましょう。また、不測の事態に備えておくことも大切です。万が一、トラブルに遭っても冷静な対処ができるように、防止策を事前に考えておいてください。

不動産投資会社ランキング

商品画像1
2
3
4
5
商品名株式会社ライブズ株式会社FJネクスト株式会社シノケングループ株式会社日商エステム株式会社ga technologies(GA テクノロジーズ)
特徴ライフプランナーとしてサポート40年以上物件を提供顧客の約半数が紹介とリピーター主要都市を中心に展開AIによる不動産投資
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧