【2021年最新版】不動産投資会社おすすめランキング!口コミ・評判も良い人気の会社を徹底比較で紹介!

野村不動産投資顧問(野村不動産グループ)の口コミや評判

公開日:2020/11/15  最終更新日:2020/10/22

【詳細】
会社名:野村不動産投資顧問株式会社
住所:東京都新宿区西新宿8-5-1 野村不動産西新宿共同ビル
TEL:03-3365-8666

野村不動産投資顧問株式会社は野村不動産グループに属し、2015年から開始した野村不動産マスターファンド投資法人の資産運用会社となっています。同社は2003年1月に設立され長年にわたって不動産投資会社としてのノウハウを蓄積してきました。ここでは、野そんな村不動産投資顧問株式会社の特徴を詳しくご紹介します。

野村不動産投資顧問株式会社の特徴について

野村不動産グループでは業界のフロントランナーとして、1990年代から不動産を対象とした資産運用事業を本格化させてきました。2003年1月には野村不動産投資顧問株式会社の前身である野村不動産投信株式会社を設立し、REIT事業に進出します。不動産セクターや運用スキーム、運用対象資産などにおける事業領域を拡大しながら不動産投資会社としてのノウハウを蓄積することになります。

REITとはアメリカで生まれた投資方法ですが、日本ではJAPANのJを最初に付けてJ-REITと呼ばれています。投資家から集めた資金を不動産に投資して得られた賃貸収入や不動産の売却益などを分配する仕組みです。この方法では投資家が直接的に不動産を所有するのではなく、不動産投資会社を仲介して間接的に関与することになります。野村不動産投資顧問は実績豊富なプロの不動産投資会社であり、長年にわたってノウハウが蓄積されているので安心して運用を任せることができます。

野村不動産グループは業界でも大手企業なので、グループの持つ優れた能力を最大限に活かした資産運用が可能です。2016年9月には不動産マスターファンド投資法人とトップリート投資法人が合併し、資産規模の拡大によるリスク許容度の向上と優れたポートフォリオの構築を図っています。同社は2019年に環境省が進める「持続可能な社会形成に向けた金融行動原則」に署名しており、2020年には環境大臣賞を受賞しました。

野村不動産投資顧問株式会社の魅力とは

野村不動産投資顧問株式会社プロの不動産投資会社であり、不動産に特化した経験豊富なスタッフが揃っています。同社の社員は野村不動産株式会社からの出向者で構成されていて、用地取得や管理など不動産に関わるさまざまな部門での経験を運用に活かすことができます。

すべての社員が高度な専門性を持つという強みを活かして、不動産の本質的な価値を見極めた上で最適な判断を行っている点が野村不動産投資顧問の大きな特徴です。物件を取得する際には社員が直接的に所有者と交渉し、リース事業では自らテナントへの営業活動を行います。

現場で得た市場の情報や感覚を活かして、現実的な資産運用を行い価値の最大化を図ってくれます。豊富な経験を持つスタッフから手厚いサポートを受けることができるため、多くの投資家による口コミでも評判となっています。

野村不動産グループでは行動指針の1つとして「挑戦者であり続ける姿勢」を掲げており、長年にわたって新たな事業への挑戦に取り組んできました。積極的に新しい市場と関わることで投資家のニーズを素早く察知し、既成概念に縛られず先駆的な取り組みを行っています。

2010年11月には日本で始めて私募REITである野村不動産プライベート投資法人の運用を開始し、2015年には3つの上場REITを合併し野村不動産マスターファンド投資法人として運用を開始しました。野村不動産投資顧問は新しい事業に積極的に取り組んでおり、投資家からのさまざまな要望に迅速かつ的確に対応してくれると評判です。

状況に応じて最適な資産運用ができる不動産投資会社

1990年代から資産運用ビジネスを開始した野村不動産グループは、長年にわたってさまざまな市場環境を経験してきました。野村不動産投資顧問株式会社では不動産の本質的な価値を正確に判断できるだけでなく、景気循環までも見据えた投資判断を行っているため評判となっています。

同社は投資判断を行う際に、一定期間における平均的な賃料水準と還元利回り水準を踏まえた上で市場の景気循環を考慮します。経験豊富なスタッフが正確に市場の状況を判断して資産運用を行うので、安心して任せることができます。

野村不動産投資顧問が提供する商品は上場REITの他にも私募REITや私募ファンド、有価証券ファンドや海外投資商品などさまざまなものがあります。顧客本位の視点に立ち、不動産投資に関するさまざまなニーズに対応できる商品のラインナップを揃えています。

また同社では上場や私募などさまざまな商品を1つの運用会社で扱っているため、横断的に業務を行う部署を設置しているのが特徴です。野村不動産投資顧問は350件超の運用数を誇っており、運用資産残高は国内における不動産関係の運用会社としては最大級の1.5兆円以上となっています。

上場REITや私募REITなど投資家からの幅広いニーズに対応できる商品が揃っているだけでなく、状況に応じて最適なサポートを受けられるため評判です。不動産投資を考えているのであれば、長年にわたってさまざまな商品を扱ってきた実績のある野村不動産投資顧問に相談するとよいでしょう。

 

野村不動産グループでは1990年代から不動産を対象とした資産運用事業を開始し、2003年にはREIT事業にも進出しました。同グループに所属する不動産投資会社である野村不動産投資顧問株式会社では、上場REITや私募REITなどさまざまな商品を揃えています。投資家のニーズに対応するさまざまな商品を提供しているだけでなく、長年にわたって蓄積されたノウハウを活かした適切なサポートが受けられるため評判です。

不動産投資会社ランキング

商品画像1
2
3
4
5
商品名株式会社ライブズ株式会社FJネクスト株式会社シノケングループ株式会社日商エステム株式会社ga technologies(GA テクノロジーズ)
特徴ライフプランナーとしてサポート40年以上物件を提供顧客の約半数が紹介とリピーター主要都市を中心に展開AIによる不動産投資
詳細リンクもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しくもっと詳しく

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧